【失敗しない看護師転職】求人募集サイトのメリットデメリットと選び方

【失敗しない看護師転職】求人募集サイトのメリットデメリットと選び方

 

このページでは看護師転職サイトの特徴を説明していきます。

 

ナース転職サイトには条件が良い求人を一般公開すると、応募が殺到するクリニックがいくつかあります。なので非公開にしているわけです。

 

求人を出していない施設でも、「あそこの病院は求人だしていますか?」と聞けば求人予定情報を教えてくれます。

 

「お給料もう少し上がらないでしょうか?」と対面ではいいにくい「給料の交渉」をしてくれ、面接日や入社のスケジュール調整もしてくれます。

 

自分ではいいにくいことはコンサルタントが何でも代わりに聞いてくれます。頼もしいです。

 

これは事実です。

 

同じ求人でもハローワークに比べ、給料や手当が多いケースが多いです。

 

募集する側がハローワークよりも求人サイトのほうがスキルのある人が集まると認識しています。だから、求人募集のコストがかかっても転職サイトに募集をかけます。

 

ハローワークは低コストで求人を出せますから力のない企業が集まりやすくなっています。だから給料の安い求人情報が集まるのでしょうね。

看護師求人募集サイトのメリット・デメリット

もちろん看護師サイトにもメリット・デメリットはあります。

 

看護師求人募集サイトを利用するメリット

 

・看護師求人に比べてハローワークは求人数がびっくりするくらい少ない

 

・看護師求人サイトはこちら側の詳細な細かい条件などもハローワークより詳しく伝えてくれる

 

・ハローワークでの情報より質がよく、いろいろな専門的な相談にも答えてくれる

 

・看護師求人サイトで求人を探すと面接の時は一緒についてきてくれる

看護師求人募集サイトを利用するデメリット

 

・登録すると電話がかかってくる。それが人によったらうざいこともある

 

・看護師求人サイトの中にはないといった求人がサイトに載ったままになっているサイトもある。客寄せみたいなものなんでしょうか・・・^^:

 

・ハローワークの人は看護師さんなら何でもオールマイティーに出来るものだと思っているので求人票を持って行ったにも関わらず全然別のところを紹介されるケースも

看護師の求人情報を効率よく集める方法

求人情報はとりあえずインターネットで検索してみた、という人は多いのではないでしょうか。
私もよくインターネットで探します。

 

確かに、「看護師転職」「病院求人」などの検索ワードを入力して検索してみると、たくさんの情報が引っかかります。

 

そうした求人サイトでは、エリアや業種、希望条件を設定して検索することができるため、かなり簡単に“自分の希望条件に合っていそうな”情報を見つけることができます。

 

注意したい点は施設名を伏せてある場合が多く、詳細を知るには、個人情報を登録して一度紹介会社のオフィスに足を運ばなければいけないことがほとんどです。

 

求人情報の探し方は紹介会社だけではありません。いろいろな方法を賢く使うことをキューはおすすめしたいです。

 

「知人の紹介」「ハローワーク」「看護協会のナースセンター」という3つの方法についてざっくり解説していきますね!

 

知人の紹介で、看護師の転職先をつける場合

看護師学校時代の仲間や先生、あるいは辞めてしまった先輩、同僚など、何かと横の繋がりがある看護職業界です。

 

しかもどこの病院も看護師不足で困っているという状況ですから、知人の紹介で転職先を探すことも可能でしょう。

 

最近では、職員たちに「紹介してくれたら○万円」と、謝礼金を渡しているところも少なくありません。

 

ただ知人の紹介というのは、善し悪しがあって、知人だからこそ、裏事情も含めて、「どんな病院なのか」を教えてもらえるから安心という面もある一方で、知人の紹介だけに断りにくい、辞めにくいと言った面もあります。

 

「とりあえず話だけでも聞きに行こう」と看護部長に会って、「やっぱりちょっと違うかも」と思っても、紹介してくれた知人に悪いかなどと無理をしてしまった。。。

 

お互いが気まずい思いをしないために、たとえ「話だけでも聞いてみたら」と気軽に言われたとしても、

 

事前に自分で十分に調べてから、話を聞きにいくかを決めるべきだと思います。

 

ただ話を聞きにいってみただけだったのに、来月から入職するという前提で話が進んでいたなどという話をとても多く耳にします。

 

トントンと進みやすい転職方法だけに、慎重に考えたいですね。

 

ハローワークに行って見る

求人サイトがこんなにも増える前は、求人情報を探すと言ったら、まずはハローワークでした。

 

ハローワークは失業状態になってから頼るものと思われがちですが、そんなことはなく、在籍中でも登録して、求人情報を紹介してもらうことはできます。

 

また自宅のパソコンから「ハローワークインターネットサービス」にアクセスして、求人情報を探すことも可能です。

 

看護師求人ハローワーク検索サイト

 

ハローワークには医療に特化しているわけではなく、いろいろな業界の雑多な情報が集まっています。

 

もちろん希望職種を絞って探すことができるものの、「看護師」「病棟」「二交代制」とか、「夜勤なし」とか「訪問看護」とか、看護師ならではの検索をかけることはできません。

 

また詳しい情報を知るには、やっぱり一度はハローワークに足を運んでみなければわかりません。

 

これは看護師紹介サイトでも同じですが、インターネット上では、病院名や住所などをオープンしない求人情報が多いのです。

 

そしてハローワークがストックしている情報は、古いものがまざっていたり、そもそも医療に特化しているわけではないのでピンとくる情報が少ないということもあるようです。

 

民間の人材紹介とは違って、求人募集をする病院側にかかるコストも無料と、公的なサービスなので、業種的な情報の特徴を出すのは難しいのかもしれませんね。

 

看護師という職業にこだわらず、いろいろな情報をみてみたい、かつ、失業給付の手続きもしたいといった人なら別ですが、

 

看護師という職業に絞って、早く転職先を見つけたいという人にとっては、量的にも質的にもちょっと物足りない情報源かもしれません。

 

看護協会のナースセンターというのもある

各都道府県に、都道府県の看護協会が運営する「ナースセンター」があります。

 

ここでは、看護師のために無料で職業紹介を行っているほか、最新の知識・技術を学ぶ研修会や就職相談会などのイベントのほか、個別の相談にも応じています。

 

さらにインターネット上で登録し、仕事を探すことができる「e ナースセンター」も運営しています。

 

求人情報だけではなく、研修やイベントの情報も検索することが可能です
(ちなみに、ほぼ同じ名前に擬態した求人サイトがありますので要注意です。)

 

しかし登録件数が思いのほか貧弱です。

 

掲載条件にいろいろと制限があるのでしょうか^^:

 

公的機関の運営するサイトなのに、地方の市民病院(公的な病院)などの情報の掲載があまりないです。。。

 

自分で探して自分でアプローチするからこそわかることもある

知人の紹介、ハローワーク、看護協会のナースセンターと三つの方法を紹介してきました。

 

このほかの方法は求人サイトを活用するか自分で探して自らアプローチするかになると思います。

 

「とりあえず、登録だけしてみよう」と求人サイトを転職活動の第一歩として、使う人は増えていると思います。

 

それが間違いというわけではありませんが、「紹介会社に頼らなくても、転職活動は可能」「自分で探して自分でアプローチするからこそわかることもある」ということは、必ず頭の片隅においていて欲しいのです。

 

インターネットで情報を収集していると転職活動の方法を紹介したり、いろいろな転職活動の善し悪しを説明するサイトにたくさん出会うと思います。

 

そしてそうしたサイトを読み進めると、「やっぱり求人サイトに頼るのが一番だな」と思えてきます。

 

なぜなら、そうした情報発信しているのも、看護師求人サイトだからです。

 

確かに求人サイトを活用するメリットはあります。でも情報に躍らされることのないようにしましょう。

 

一番信頼できる情報は、自分の足を使って自分で見聞きした情報では・・・思うのです。

看護師転職サイトを利用した方の体験談

以前、転職サイトで就職したことがありましたが(1か月ほど)辞めやすいと感じました。

私はパートなのでそれ以外に単発での仕事を希望していて、派遣会社は4社ほど契約しています。

 

毎日膨大な募集がメールで来ますので、良さそうなところはそれで探しています。

 

本気でフルタイムでの転職だと、ネットで登録したら10分後には電話がかかってきます^^;

 

お住まいがどこなのかわからないので何とも言えませんが支社があるような都市ならかなり多くの情報が入ってくるので良いと思いますよ。

 

以前、転職サイトで就職したことがありましたが(1か月ほど)辞めやすいと感じました。

 

自分で辞めたいというとなんやかんやと説得されて辞めづらいですが、会社を通して言ってくれるのでとても気楽でした。

 

気になっていた病院のHPを見ても採用情報は全くないのですが、サイトでは何社にも募集を出しているということもありました。

 

聞いてみたところ、「じか」で来られるよりも転職会社を通した方がきちんとした人が多いからということが理由だそうです。

 

なので、自分でも探す、転職サイトも利用してみる・・・焦らずゆっくり探すが良いと思います。

まとめ

看護師求人サイトは希望に合った勤務条件の仕事が見つかりやすい理由がなんとなく理解できましたでしょうか。

 

最近は「メール希望だけ電話は希望しない」といえば大丈夫になりました。

 

知り合いの方はメールは正しく、電話番号はわざと間違えて登録して、メールだけでやりとりするという強引な方法をやっていました^^:これは誰かに迷惑をかけるのでオススメしません。。。

 

ベストは登録数は2~3社かなと思っています。

 

ひとつキューが伝えたいことは、好条件の求人があって、コンサルタントに勧められたとしてもあくまでも、「選ぶのは自分、判断するのも自分」と思って賢く活用しましょう。

 

決して紹介会社任せ、担当者任せにしないことが大切です。

 

情報収集は人材紹介会社のサイトだけではありません。

 

「知人の紹介」「ハローワーク」「看護協会のナースセンター」という方法もありますので、いろいろな方法を賢く使いましょうね☆

 

最高に素敵な職場に出会えますように☆

 

看護師mamaイチオシの求人サイトはここ!

おすすめの看護師求人サイトはマイナビ看護師。なによりも強みはコンサルタントのレベルが高い!

 

他企業をなぎ倒すくらいの圧倒的な交渉力があります。

 

希望の条件にできるだけ近づけてくれるので安心して任せれます。

 

公式サイトへ

【失敗しない看護師転職】求人募集サイトのメリットデメリットと選び方記事一覧

40歳を過ぎたら希望の職場を探すなんて難しいのでは?と思われている看護師さんも多いでしょう。当サイトに毎月同じような内容...