【看護主任はつらいよ!】私たち主任はこんな悩みを抱えています

【保存版】看護主任はつらいよ!私たち主任はこんな悩みを抱えています

現場の主力であると同時に職場をまとめる管理職のファーストステップでもある主任は、スタッフからは頼られ、師長、看護部長からは期待を寄せる立場。

 

「やりがいはあるけれど疲れることも多い」

 

という全国の主任が皆様から率直な悩みの声が寄せられています。

 

上司への不満、スタッフへの要望、主任となって変わらざるを得なかった働き方や時間の過ごし方など、沢山の声の中から、多くの主任に共通する要素を含む5つの悩みをピックアップしました。

 

どれも主任経験者ならば、「ある!それある!」とうなずくようなお悩みです。

 

今回は主任がぶつかるそれが悩みにどのように対処したらいいのかを、3人のベテラン看護部長に具体的なアドバイスをいただきました。

 

かつては同じような悩みを経験しながら、ナースとしてキャリアを一段と飛躍させた3氏からの共感を込めた言葉はきっと、現在、現役の主任であるナースの役に立つはずです。

 

看護主任になってからプライベートの時間がなくなった。

【看護主任はつらいよ!】私たち主任はこんな悩みを抱えています記事一覧

スタッフ5人のうちの4人までが年齢も経験年数も私より上のベテラン。そんなスタッフに「主任らしく」指導しなければならないの...

主任になってから、部長、師長とスタッフの間に挟まれて辛いなあ、と感じることがよくあります。上からは「この時間にこれだけの...

スタッフのレベルを高めていくにはどういう接し方で指導・教育をしたらいいのか、よくわかりません。「あれをしてください」とい...

看護主任になってからは、立場上、個人の時間を犠牲にしなければならない場面が増えました。例えば師長不在時の病棟日誌の記載、...

上司の看護師長との関係に悩んでいます。私が「スタッフとの連携もうまくいってよい看護ができた」と思ったときも、師長は関心が...