【先輩看護師の転職失敗談に学ぶ】看護師転職に成功する方法

【先輩看護師の転職失敗談に学ぶ】看護師転職に成功する方法

ここでは、看護師の転職経験者が実際に体験したトホホな失敗談やびっくりな出来事、そこから学んだアドバイスを一挙公開しています。先輩たちの経験を活かして納得の転職に役立てましょう。

 

失敗は成功の元とはいえ、

 

人生を左右する転職は失敗なんて経験したくないもの。

 

これから紹介する失敗談の中から代表的なものを取上げ対策を考えてみよう

 

看護師の転職経験者が実際に体験したトホホな失敗談

失敗談

給料のよさだけで判断してしまい、実際にどのような看護しているのかよく見ずに決めてしまった。結局1年も続かなかった。

給与は確かに気になるポイントです。また給与だけでなく、勤務時間や休日・休暇などの労働条件をうやむやにしたまま転職すると、トラブルの元になりかねません。

 

とはいえ、よほどのこだわりがない限り、それ以外の事に無頓着でいるのは考えもの。

 

仕事内容や看護に対する病院の考え方が期待するものと大きくずれていると、

 

「働き心地」はぐんと悪くなります。

 

その結果、「お金のためだけに働いている」という状況に陥りかねません。

 

まずは、「この職場で自分らしく働けるかどうか」を考え、そのうえで、条件面の話し合いをするようにしましょう。

 

失敗談

転職先の病院のことを公立病院というだけで、何も知らずに飛び込んで後悔

私立よりは公立、同じ公立でも国立の大学病院・・・といった希望が生まれてくるのはごく自然なこと。

 

しかしこれらの条件は病院の「外見」でしかありません。転職で最も大切なのは、「なぜ転職するのか」という原点に立ち返り、その答えをきちんと満たすことのできる病院を選ぶことです。

 

たとえば救急看護の専門知識・スキルを磨きたくて転職したければ、それこそがこだわるべきポイントであり、私立か公立かの優先順位はずっとさがるはずです。

 

また地域住民に密着した看護にチャレンジしたければその条件に沿って病院を見極めていけるはずです。

 

仕事内容、待遇、勤務時間など病院選びの条件は、挙げだすときりがなくなってしまうかもしれません。

 

それらの中から「本当に自分にとって大切なもの」を基準に優先順位をつけて行き、順位の高いものを満たす病院選びを行いましょう

 

失敗談
言ってることとやっている事が全く違った。「患者様を大切に」と言っておきながら、ものすごく粗末にしていることに気づいた。

求人を行っている病院に限らず、人は誰でも他人から良く見られたいと思うもの。

 

とはいえ実態を知らずに転職してしまうと、このような失敗に繋がり、仕事への満足度や充実感は得られません。

 

そこで心がけて欲しいのは、転職先として絞り込んだ病院に関しては、可能な限りの情報を集めることです。

 

それも病院が自ら発信している情報ではなく、そこで働く人や、利用している患者さんなどからの情報を集めることです。

 

患者や見舞いに訪れた人の振りをして実際に病院に足を運んでみることはとても有効な方法です。

 

職員の日頃の仕事ぶりや患者さんへの接し方からは、飾り立てていない、その病院の本当の姿が見えてくるはずです。

 

また利用者の会話に耳をすませば、病院に対する満足度や不満なども来るかもしれません。「情報は足で稼ぐもの」転職に関しては、こう心得ておくことを忘れずにしましょう

 

失敗談
求人広告と実際が違った。

まず広告の内容に明らかな誤りや実情とのかけ離れがあるようでしたら、広告を掲載していた出版社などに連絡しましょう。

 

出版社ではカスタマーセンターなどを設けており、病院に対して指導を行ってくれます

 

とはいえどこまで出版社や病院が責任を負ってくれるかは未知数です。やはり転職を決める前に「この病院は求人広告と違うぞ」と見極める必要があるでしょう。

 

そのためにも実際に足を運んでみるなど情報収集は必須です。

 

面接編

前の職場をやめた理由は?

 

前職の退職理由は、志望動機、自己PRと並び、面接の「王道質問」です。

 

アンケート結果が示す通り多くの人が人間関係や給与を「転職を考えた理由」にあげています。ネガティブな理由だけに、答えに悩んでしまう人も多いのではないでしょうか。対処法ですがまず、

 

「スキルアップしたかった」

 

「患者との心の触れ合いを重視した看護を実践したかった」

 

など前向きな理由を伝えましょう。

 

これまでの体験や自分の看護観を振り返ってみれば、「こんな仕事がしたい」という願望がきっと浮かび上がってくるはずです。

 

その内容と、応募先の病院の特徴や取り組んでいる看護を結びつけて説明すれば、面接官の納得度は高いです

 

その上で、人間関係や給与については、別の質問事項・交渉事として対処すればよいでしょう

 

 

今までまとめたケーススタディのテーマや内容は?

 

過去の仕事内容や実績を尋ねられる中で、このような質問をされる可能性もあると考えておくと良いでしょう。

 

特に研究や学会発表に力を入れている病院では、その可能性が高そうです。

 

なかには履歴書などの応募書類と一緒に研究発表に使ったレポートの提出を求める病院もあります。

 

他にもこのような質問をされる可能性が高いと考えられるのは同じ診療科で転職をする場合です。

 

採用側は応募者に対して、「この人は仕事に必要なスキル知識を既に身につけているだろう」という期待を寄せています。

 

それを確かめるための方法として、このような質問を投げかけることもあるのです。

 

いずれにしても面接が決まったら過去のケーススタディを振り返っておくことは大切です。

 

 

こどもができたらどうするのか?仕事を辞めるのか?

育児と仕事の両立に対する考え方を確かめるための質問です。

 

「こどもが熱を出したときはどうしますか?」という質問も意図は同じです。

 

理想的な答えとして「産休・育休の後に復帰したいと考えています。育児は自宅のそばに住む母親が手伝ってくれることになっており、仕事の両立に支障はありません」などの答え方があります。

 

ポイントは「いざという時に対処する方法を準備してあるから、職場に迷惑をかけませんよ」という内容を具体的に伝えていることです。

 

これによって採用側「本当に長く働いてもらえそうだな」と安心できます。

 

かといって辞めるつもりでいるところをウソついてしまうのは考えものです。

 

これは病院に迷惑をかけてしまうため社会人としてマナー違反です。

 

正直に自分の考えを伝え両社納得の上で働き始めましょう。

 

もちろん採用される確率が下がること覚悟の上でです。

 

「明日からこれますか?」と聞かれ焦った。まだ決めてなかったのに何となく働いてしまった

まず、「はい」と答えて問題のない場合について。

 

これは既に以前の職場をやめていて、翌日からの勤務が物理的に可能な場合です。

 

そのうえで大切なのが本当にその病院が第1志望であることです。

 

他に悩んでいる病院がある場合は「1日だけ考えさせてください」などと答え、時間をもらいましょう。

 

期待をしてくれているのですから、できるだけ早く返事をするのがマナーです

 

他の面接が控えている場合は、そこまで待ってもらえるように相談してもよいでしょう。

 

まだ在職中の場合は、引き継ぎに必要な時間を計算した上で、勤務開始が可能な時間を伝えます。

 

病院側が「そこまで待てない」というようでしたら、ご縁がなかったと割り切りましょう

 

転職先探し大切ですが前職での責任を果たす事も社会人として大切な役割です。

 

「独立行政法人」や病院経営についてこれからの展望を聞かれ困りました。

病院を取り巻く社会情勢に対する関心度を尋ねる質問です。

 

これは何もニュース解説のような深い知識を求めている質問ではありません。

 

社会の動きに興味を持っているということは患者やその家族からのニーズへも柔軟に対応できる姿勢を持っているということを意味します。

 

このような質問には日頃から考えていることを率直に述べるといいでしょう。

 

「急にそんなことを聞かれても・・・」となってしまう人もいるかもしれません。そこで日頃から新聞やニュース番組をチェックするなどの取り組みはしておきましょう。

 

ただし応募先の病院とあまりにかけ離れた考え方を話してしまっては印象が悪いです。

 

事前にホームページを見るなど準備はしておきましょう。

 

またキャリアが長く、管理職クラスでの転職となると、ある程度しっかりとした意見を伝える必要があると考えておきましょう。

 

5年後、10年後、20年後のプランをしっかりと検討する必要があると思います。

長期的に考えたとき、師長などのマネジメント職を目指すのか、特定分野のスペシャリストを目指すのか、それともライフスタイル重視の働き方を目指すのかを考えてみましょう。

 

それぞれの目標に向け、5年後、10年後と言った単位での目標が見えて来るはずです。

 

そこで、まずは5年後の目標が達成できる職場探し、転職活動を進めることです。

 

将来の姿が具体的に浮かんでこない場合は、周囲にいる「尊敬できる上司・先輩」を思い浮かべてみます。

 

その人たちがどのようなキャリアを歩んできたのか、同じようになるために自分は何をすべきなのか。

 

それらを考えることで、1日1日の過ごし方が変わってくるはずです

 

自分が何を一番望んでいるのかをはっきりさせ,それ以外は前より悪くなっても後悔しないこと

同じようなアドバイスとして「自分の希望するすべての条件を満たす施設はないので、何を優先するもかで決定したらいいと思います」というものもあります。

 

これらのアドバイスは「5年後、10年後、20年後・・・」というアドバイスとも深く関係しています。

 

長期的な目標を持った上でその時々の必要な行動を行おう。

 

そんなスタンスを持っていれば目標達成のために、

 

「譲ることのできない条件」
「今は譲っても大丈夫な条件」

 

というのが明確になってくるからです。

 

転職は単に、今後数年の職場を選ぶことではなく、将来にわたるキャリアや暮らしの分岐点でもあると考えておきましょう。

 

広告だけに頼らず患者をふりをして受診すると、マナーがわかります

希望する病院を絞り込んだら、できるだけいろいろな角度から情報を集めましょう。

 

広告や病院のホームページは、あくまでも病院が主体となって発信している情報です。

 

患者や職員は違った印象を持っていることもあります。

 

そこで活用したいのがこのアドバイスです患者のふりをして受診とまではいかなくても、待合スペースぐらいまでなら、実際に足を運んで様子を見ることができるでしょう。

 

そこで患者や職員の生の姿を観察することは、病院の実際の姿を知るために大いに役立ちます。

 

このほかにも友人や知人をたどって希望する病院に勤めている人から話を聞かせてもらう、インターネットの病院評価サイトを見てみるなどの方法があります。

 

転職前後の人間関係を大切にすること。転職時前の病院でやり残しのないようしっかりと自分の責任を果たす事

退職が決まってから実際に退職するまでの期間は、1ヶ月程度が一般的です。この期間中に担当していた業務の引き継ぎを行います。

 

必要な情報を伝えるだけでなく、書類をまとめてファイルなどにしておけば、より的確な引き継ぎができるでしょう。

 

スムーズに引き継ぎを行うのは、社会人としてのマナーです。

 

それと同時に、自分自身にとってのメリットもあります。

 

トラブルなく円満退職できれば、以前の職場の人とも良い関係を続けられます。

 

これは仕事に役立つ人脈の広がりという意味でもあり、将来きっと力を発揮してくれるはずです。

 

看護師mamaイチオシの求人サイトはここ!

おすすめの看護師求人サイトはマイナビ看護師。なによりも強みはコンサルタントのレベルが高い!

 

他企業をなぎ倒すくらいの圧倒的な交渉力があります。

 

希望の条件にできるだけ近づけてくれるので安心して任せれます。

 

公式サイトへ