離島診療所 看護師

「離島診療所」で働く看護師さんを取材しました。

僻地看護つまり遠い土地での看護師としての仕事は、

病院勤務とは異なる専門性が求められ、
ナースのたくさんある働き方の中でも特徴ある選択肢の一つです。

 

~過疎の島の診療所で生きる人々に寄り添う~
*村松愛子さんの場合

 

 

朝7時40分。

 

村松愛子さんは愛知県幡豆郡一色町の港から渡船のって、
いつものように佐久島に向かう。

 

乗船時間30分。

 

佐久島は三河湾に浮かぶ人口300人あまりの小さな島。
彼女はこの島でたった一つの医療機関、
佐久島診療所で働くナースだ。

 

診療所のメンバーは村松さんのほかに、
医師と事務員の計3人。

 

医師は自治医科大学の卒業生が3年ごとに交替で赴任する。

 

診察は週4日。
往診もある。

 

入院施設はない。

 

1日に訪れる患者は15名程度。

 

局部麻酔でできる程度の手術までは行えるが、
それ以上の手術は近隣地域の病院を紹介する。

 

島民は高齢者が多く、高血圧、骨そしょう症など
慢性秒の患者が多い。

 

患者の多くは診察にやってきては、
受け付けカウンターでひとしきり話して帰っていく。

 

「話を聞いて欲しい方が多いんです。
その会話の中から食事のこと、家族のことなどの情報を把握します。
ここは気軽に何でも話せる場所なんです」

 

村松さんがこの診療所で働き始めたのは1988年。

 

「一番辛かったのはナースの仲間たくさんいた市民病院から、
相談する相手もいない環境に1人だけポツンとおかれた寂しさでしたね」

 

診察介助はもちろん、調剤、薬剤や物品の注文、
管理まで、ここでは1人で全てこなさなければならない。

 

介護保険制度が施行されるまでは、
褥瘡管理や入浴の介助の為に患者の家を訪ねることも多かった。

 

業務の幅色さ、患者とのつき合い方など、
僻地での看護には独自の知識や経験が求められることがわかる。

 

だが、僻地看護の専門性は一般にはまだ十分に認識されていない。

 

診療所では年に1回、看護学生を研修で受け入れている。

 

村松さんはこのときをとらえて、
学生たちにこれまで実地で学んで来た事を一生懸命伝えている。

 

中には自分も僻地で働きたいという学生もいる。

 

だが、村松さんは「経験を積んでからおいで」と諭す。

 

「僻地医療は総合医療だから、
できたら全科を経験してからぐらいの方がいい。
ここでは地域の中で、家族の中で患者さんがどのように暮らし、
死を迎えるのかまで具体的に目にします。
それは病院の中で働くだけでは見えてこないこと。
病院と僻地とローテーションで働く仕組みがあって、
もっと多くのナースがこのようなことを経験できて言いかもしれませんね」

 

初めの頃は孤独感からなんども異動希望を出していた。
だがそれもいつの間にか出す事がなくなり、

 

島民も村松さんを自然に受け入れ、
今では彼女は島民一人一人の健康状態を把握する
島に欠かせない存在になった。

 

「今はつくづくいい場所で働いていると感じることがあります。
定年後は、島の年寄りを在宅で見ていく
活動ができないかなと思ったりもしています」

と話すと、村松さんは窓の外の穏やかな景色に目をやった。

 

【近況】
取材後、佐久島診療所の医師は交替したが、
村松さんは変わりなく働いている。
定年までの数年、村松さんは笑顔で島の人達を見守っていくつもりだ。

 

看護師mamaイチオシの求人サイトはここ!

おすすめの看護師求人サイトはマイナビ看護師。なによりも強みはコンサルタントのレベルが高い!

 

他企業をなぎ倒すくらいの圧倒的な交渉力があります。

 

希望の条件にできるだけ近づけてくれるので安心して任せれます。

 

公式サイトへ

 

 

「離島診療所」で働く看護師さんを取材しました。関連ページ

「大学病院」の職場環境
充実した教育体制!キャリアアップ思考の方におススメ
「地域の中核病院」の職場環境
どんな臨床現場でも戸惑うはない、看護師としての技術を磨きたい方におすすめの仕事場です
「一般病院」の職場環境
近隣住民の健康づくりを近隣住民の健康づくりをお手伝い、地域に根づいた看護がしたい方におすすめ
「診療所・クリニック・個人病院」の職場環境
院長との相性次第?オフ時間は作りやすいのが特徴です
「療養型病院」の職場環境
個々の患者さんとゆっくり向き合い長期の時のお手伝いも。
「介護施設」の職場環境
処置よりもケア中心のお仕事です。入居者の生活を両面から支えます。
「訪問看護ステーション」の職場環境
生活の場で,その人らしくを支援します。在宅医療のキーパーソン
「保育所・幼稚園」の職場環境
子供好きなら最高の職場
「企業」の職場環境
医療関連企業以外にも看護の視点を活かした仕事がある。
「シップナース」の職場環境
安心や安全な航海を支え、世界を巡る海の上のナース。
「病児保育室」の職場環境
日本の将来に関わる大きな課題、少子化問題。その解決に向け子育て環境の充実が求められています。ここで紹介するのは、働く親をサポートする病状保育室のナースです。
「会社経営」の職場環境
ナースの働く場所が広がってきている大きな要因には、医師による治療を受ける前の予防、健康がより重視されるようになり、そこに向けたビジネスやサービスが誕生してきたため。中にはナース著者の経験を活かして、自ら事業を始める人も現れている。そんなナースを取材しました。
「保健所」の職場環境
治療より予防! 地域住民の健康づくりをサポート
「空港・検疫所」の職場環境
空港の医務室や診療所また検疫所で看護師と働きたいなら看護のお仕事がサポートしてくれます。