【曖昧にしていませんか?】看護師の求人票の基本項目

【曖昧にしていませんか?】看護師の求人票の基本項目

看護師の求人票のフォーマットは、どんな医療機関でもそう変わらないものです。

 

しかし、細かい表現の違いで実際は大きく違ってるケースも多々あります。

 

 

転職してから
「え~!実際にもらえる給料ってこんなもの?」
「あれ、週休2日って約束じゃなかったの?」

 

など困らないためには、求人票をしっかり読み解くことが重要です。

 

まず基本から見ていきましょう。

 

これからあげることは、ごくごく基本的な内容です。

 

それでは一つひとつの項目をチェックしていきましょう。

 

 

施設名 ●●病院
雇用形態 正社員(常勤)
住所 東京都●●区●●町●-●
募集科目 内科

(循環器科・消化器科・呼吸器科・糖尿病)
リウマチ科・神経内科・外科・消化器科・整形外科・脳神経外科・泌尿器科・小児科・耳鼻咽喉科・皮膚科・眼科・麻酔科
*配属先応相談

勤務時間 8:30~17:30(1日)

8:30~13:00(半日)
17:00~9:00(夜勤)

 

*日勤常勤応相談
*夜勤専門応相談

休日 4週8休(月平均90日)

年間113日+有給休暇・特別休暇

給与 正看護師 月給28万円以上(新卒給与)

 

*既卒者は経験考慮します
*夜勤アルバイト同時募集

待遇 *昇給1回 賞与2回

*社保完
*交通費支給
*院内保育室(0歳~6歳)
1日800円

 

 

①施設名・雇用形態・住所
施設名や住所は特段説明することはありません。

 

雇用形態は「正社員(常勤)」と書いてあっても、よくよく内容を読み進めると非常勤についても「応相談」と記載されていることも多くあります。

 

また求人票が出ていなくても、問い合わせてみたら看護師を募集していて、ぜひ来てください。ということもあるので聞いてみる価値はあります。

 

 

②募集科目
個数の診療科、部門がある場合、どこに配属されるのかは気になるところです。

 

募集によっては特定されている場合もありますし、入ってみなければわからないという場合も多く、一概には言えません。

 

特定の部署を希望できるのか、希望出した場合、確実に尊重してくれるのか、面接の時に聞いてみるといいでしょう

 

 

③勤務時間
診療所の場合は基本的に日勤のみで残業もそんなに多くないのが一般的です。

 

しかし病院勤務の場合、シフトの決まり方は聞いてみなければわかりません。

 

電話で問い合わせることも可能だと思いますが、就職する思いが強い場合は、面接で確認した方がベターです。

 

④休日
「週休2日」「完全週休2日」「4週8休」。

 

違いはわかりますか。

 

一見変わりがないように見えるかもしれませんが実は違います。

 

詳しくは違うページで説明します。

 

⑤給与
残業手当や夜勤手当は含まれないのが一般的です。

 

ただ、税金・保険料などが引かれるので、手取り額はもう少し少なくなります。

 

またこの表記では、条件に合う人がもらえる最低額が、28万円以上ということですが、資格やキャリアによって変わるので、具体的な金額は面接段階ならなければわからないことがほとんどです。

 

求人票に記載されている給与額だけを比較対象として、転職を考えないほうがいいかもしれません。

 

⑥待遇
昇給や賞与は、「勤続年数1年以上が支給対象」などを就業規則で決まっていることもあります。

 

「社保完」は、社会保健完備という意味です。

 

また交通費は「支給」だけでは、全額支給されるのか、一律○○円までといった上限があるのか、曖昧です。

 

ちなみに「交通費全支給」と「全」という文字があれば、実費で全額支給されるという事です。

 

院内保育室は、空きがあるのか、条件があるのか、事前に確認しておくと良いでしょう。

 

当てにしていたのにいざ就職して聞いてみたらダメだったなんてこになったら大変ですので。

 

看護師mamaイチオシの求人サイトはここ!

おすすめの看護師求人サイトはマイナビ看護師。なによりも強みはコンサルタントのレベルが高い!

 

他企業をなぎ倒すくらいの圧倒的な交渉力があります。

 

希望の条件にできるだけ近づけてくれるので安心して任せれます。

 

公式サイトへ