眼科の仕事内容と良い点と悪い点について

眼科の仕事内容と良い点ときつなぁと思う点について

ここでは、眼科への転職をお考えの看護師の皆様のために、
眼科の特徴や良い点・きつい点についてご紹介していきます。

 

目の疾患を抱えている患者さんに対して
適切な治療を実施する眼科は
医療機関によって看護師の仕事内容が異なります。

 

外来では主に視力検査や眼底検査等の
目に関する専門的な検査を実施します。

 

検査の段階では患者さんも大きな不安を感じる事もありませんが、
手術を行う際はかなり不安を感じる患者さんが多いため、
不安を取り除けるようにサポートしながら手術に臨んでもらえるように準備をします。

 

手術直後は視力が思うように回復していないため
更に不安感が増す患者さんに対して優しく声をかけながらケアを施します。
患者さんの症状に応じて医師の指示に従いながら適切な処置を行います。

 

眼科の看護師が良い点は、
他の診療科目よりも仕事内容の負担が少ない点です。

 

外来のみに対応している個人病院は、
日祭日は休診で日勤のみの場合が多いです。

 

勤務体系も比較的自由に仕事に従事できる
体制を整えている職場が多く、
ライフスタイルを崩さず働けるメリットがあります。

 

入院できる病棟が併設されている病院の場合は夜勤があるため、
必ずしも全ての眼科には夜勤がないとは限りません。

 

眼科で勤務する看護師にとって残念に感じられるのは、
思っていたほど高収入が期待できない点です。

 

他の診療科目と比較すると平均的な給料が少ないのは、
夜勤や残業がほとんどないためだと考えられます。

 

雇用形態も正職員の採用よりもパートや派遣として採用される職場が多く、
好待遇を期待している方にとってはがっかりする場合が多いです。

 

しかし、ご自身の生活スタイルを維持して働けるのは
かなりのメリットです。

 

どんな科でも、初めて踏み入れるのには、
不安があるでしょう。

 

勉強は現場に出てからの方が学ぶ事たくさんあります。
応援しています。

 

就職活動がんばってくださいp(*^-^*)q

 

以上、眼科の仕事内容と良い点ときつなぁと思う点についてでした。転職サイトの選び方も是非参考にしてください。
【看護師求人募集サイト】圧倒的に強い交渉力を持った看護師転職サイト

 

 

 

お暇なときにまた来て下さいね!