皮膚科の仕事内容と良い点と悪い点について

皮膚科の仕事内容と良い点ときつなぁと思う点について

ここでは、皮膚科への転職をお考えの看護師の皆様のために、
皮膚科の特徴や良い点・きつい点についてご紹介していきます。

 

皮膚科では皮膚の疾患に悩みを抱えている
患者さんに対して適切な治療を施しています。

 

看護師の仕事内容は主に医師が正しい診断ができるように
サポート役として診察補助を行い、

 

適切な処置や投薬される医薬品の使用方法について説明する、
血液検査が必要な場合は採血をする等があります。

 

医薬品については正しく使用しなければ
意図している効果が得られないため、

 

患者さんにきちんと理解してもらえるように
丁寧な説明が必要になります。

 

普段の過ごし方も確認しながら正しい使用方法を
守ってもらえるように念入りに説明しなければいけません。

 

外来のみの皮膚科では基本的に残業が少なく、
夜勤もないのが大きなメリット
になります。

 

子育て中の看護師等
家庭の事情で平日の日勤のみで働きたい、
短時間だけ働きたい

と考えている方にとって
都合良く仕事ができる環境が整えられている職場が多いです。

 

入院する病棟が完備されている医療機関の場合は夜勤があるため、
どうしても夜勤を避けたい場合は外来のみの職場を選ぶ必要があります。

 

逆にデメリットとしてあげられるのは、
看護師としてのスキルを習得しにくい職場が
多くてやり甲斐を感じられない場合が多い
点です。

 

他の診療科目で実施する看護業務を
皮膚科の外来で実施する機会が少ないため、

 

スキルアップを目指している方にとっては
物足りなさを感じられる可能性が高いです。

 

専門性の高い看護技術を習得したい方は、
皮膚・排泄ケアの認定看護師を目指せる職場を選ぶのがおすすめです。

 

就職活動がんばってくださいp(*^-^*)q

 

以上、皮膚科の仕事内容と良い点ときつなぁと思う点についてでした。転職サイトの選び方も是非参考にしてください。
【看護師求人募集サイト】圧倒的に強い交渉力を持った看護師転職サイト

 

 

 

お暇なときにまた来て下さいね!