外科の仕事内容と良い点と悪い点について

外科の仕事内容と良い点ときつなぁと思う点について

ここでは、外科への転職をお考えの看護師の皆様のために、
外科の特徴や良い点・きつい点についてご紹介していきます

 

外科では病気や怪我が原因で手術をして治療を施します。

 

看護師の仕事内容は手術を控えた患者さんに対して
不安を取り除けるようにケアを行い、
術後は速やかに回復できるように適切なサポートを行います。

 

術後間もない患者さんは思うように体を動かせませんが、
心身に適切なケアを施しながら徐々に元通りの体になれるようにサポートをします。

 

実際に手術を行うオペ室で勤務する看護師の場合は、
スムーズにオペができるようにきちんと器具を用意しておく必要があります。

 

手術直前の患者さんはかなり不安を感じているため、
優しく声をかけながらできるだけ不安を感じずに
手術に臨んでいただけるようにサポートをします。

 

手術の経過によっては速やかに行動しなければ
患者さんの命に関わる事態になる場合もあるため、
一瞬でも気を抜けない仕事になります。

 

外科の看護師として仕事をしていると
様々なスキルを習得できるメリットがあります。

 

他の診療科目に勤務していても経験できない仕事を担当できるため、
今まで以上に看護師としてのレベルを
向上させたいと考えている方にとって
非常に有利になる職場になります。

 

患者さんが回復する様子が目に見えて確認できるため、
やり甲斐を感じられるのも良い点です。

 

逆にデメリットとしてあげられるのは、
覚えなければいけない仕事内容があまりにも多く、
ある程度実力の高い方でなければついていけない
可能性があります。

 

専門的なスキルを習得するまでにはある程度長い期間が
必要になると覚悟しておかなければいけません。

 

就職活動がんばってくださいp(*^-^*)q

 

以上、外科の仕事内容と良い点ときつなぁと思う点についてでした。転職サイトの選び方も是非参考にしてください。
【看護師求人募集サイト】圧倒的に強い交渉力を持った看護師転職サイト

 

 

 

お暇なときにまた来て下さいね!