小児科の仕事内容と良い点と悪い点について

小児科の仕事内容と良い点ときつなぁと思う点について

ここでは、小児科への転職をお考えの看護師の皆様のために、
小児科の特徴や良い点・きつい点についてご紹介していきます

 

0〜15歳頃までのお子さんを診察している小児科では、
医師だけでなく看護師に対しても
子供が罹りやすい疾患に対する
専門的な知識と技術が要求されます。

 

ある程度成長したお子さんの場合は
診察や処置も素直に受けてくれるため大きな問題はありませんが、

 

小さなお子さんの場合は泣き喚きながら
暴れて手がつけられない状態になる場合があります。

 

どんなになだめても手がつけられない状態になれば、
拘束具を使用して押さえつけなければ

 

適切な処置が施せない場合があるため、
看護師も体力を消耗する仕事内容になります。

 

お子さんは自分の症状をきちんと説明できない場合が多いため、
保護者からもきちんと話を聞きながら正しい診断ができるようにサポートをします。

 

外来や病棟等の職場によって細かい仕事内容が異なりますが、
基本的には医師の指示に従いながら適切な治療を施すのが仕事になります。

 

小児科の看護師として仕事をしていると
専門的な知識と技術を習得してスキルアップが期待できます。

 

NICUや小児救急医療で仕事をしている方は
認定看護師を目指せるメリットがあります。

 

他の診療科目では経験できない貴重な実績を重ねられるため、
看護師としての実力を向上させるためにも多いに役立ちます。

 

逆にきついなあと感じられるのは
患者さん一人ひとりに対する診療時間が長くなる場合があるため、
残業時間も増える可能性が高い点です。

 

子供の場合は念入りに診察しなければわからない
病気が潜んでいる可能性があるため、
医師もじっくりと時間をかけて診察しています。

 

混雑している病院では残業時間が増えて、
体力的にキツイと感じる場合が多いです。

 

ですが子供が好きな方はとてもやりがいを感じられるお仕事だと思います。

 

親子に寄り添い、病気と闘う前向きな気持ちへと導くことが、
小児科看護師の使命であり醍醐味といえるでしょう。

 

就職活動がんばってくださいp(*^-^*)q

 

以上、小児科の仕事内容と良い点ときつなぁと思う点についてでした。転職サイトの選び方も是非参考にしてください。
【看護師求人募集サイト】圧倒的に強い交渉力を持った看護師転職サイト

 

 

 

お暇なときにまた来て下さいね!