美容外科の仕事内容と良い点と悪い点について

美容外科の仕事内容と良い点ときつなぁと思う点について

ここでは、美容外科への転職をお考えの看護師の皆様のために、
美容外科の特徴や良い点・きつい点についてご紹介していきます

 

自分の容姿に対して何らかのコンプレックスを抱いて
精神的に大きな負担を感じている方に対して

 

適切な処置を施してキレイに形成する目的で
外科的な処置を施すのが美容外科です。

 

形成外科とは異なり、
体の機能には特に問題がない部分に対して
処置を施す診療科目になります。

 

美容外科で働く看護師の仕事内容は、
主に手術時に医師のサポート役として器具を用意したり、
術後の患者さんのケアをしたりします。

 

基本的には医師がカウンセリングを行って
患者さんの悩んでいる部分に対して問診をしますが、
看護師が問診を担当する場合もあります。

 

美容外科で仕事をするとほとんど夜勤がなく、
日勤のみになる場合が多いのが良い点です。

 

勤務時間だけでなく、
診療日も基本的には平日のみで対応している職場が多いため、
定期的に休日を確保したいと考えている方にも働きやすいと考えられます。

 

短時間勤務を希望している場合はパートタイムや
派遣の雇用形態で人材を募集している職場も存在しているため、
都合に合わせた働き方が実現できます。

 

美容外科で仕事をしてキツイと感じられるのは、
患者さんに対してこのような施術をした方が良いと
金額が高い施術内容をおすすめしたり、

 

アフターケアに使用する化粧品をおすすめしたりして
クリニックの業績をアップするようにノルマを課せられる可能性がある点です。

 

医療機関よりもエステサロンのような感覚で患者さんに対して
高い商品をおすすめするのがとても気が引けると感じている看護師も多いです。

 

美容形成外科クリニック自体は全国に数多くありますから
良い仕事場が見つかる可能性は高いといえると思います。

 

就職活動がんばってくださいp(*^-^*)q

 

以上、美容外科の仕事内容と良い点ときつなぁと思う点についてでした。転職サイトの選び方も是非参考にしてください。
【看護師求人募集サイト】圧倒的に強い交渉力を持った看護師転職サイト

 

 

 

 

お暇なときにまた来て下さいね!