内科

内科の仕事内容と良い点ときつなぁと思う点について

ここでは、内科への転職をお考えの看護師の皆様のために、
内科の特徴や良い点・きつい点についてご紹介していきます

 

様々な疾患に対して適切な処置を施す
内科では看護師の仕事内容も多岐にわたります。

 

問診では患者さん自身が訴える症状を的確に
医師に伝えて正確な診断ができるようにサポートをします。

 

外来ではバイタルチェックや、診察時の補助を実施します。
必要に応じて採血や注射を行う場合もあります。

 

診察を待っている間に気分が悪くなる患者さんも多いため、
こまめに目を配りながら対応する必要もあります。

 

病棟でも基本的には外来と同様の業務を担います。
医師の指示に従って適切な処置を施し、
一日も早く退院ができるようにサポートします。

 

内科の看護師として働いていると様々な疾患に対する対処法のスキルを習得できます。

 

優秀な看護師としてスキルアップするためには、
あらゆる症状に対して臨機応変に対応できるように
知識と技術を有している必要があります。

 

患者さんが最も苦手とする注射に関しては何度も経験を重ねている人ほど上達します。

 

適切な処置を施すためにも、患者さんとしっかり向き合う必要があるため
コミュニケーション力が必然的に身につくのも大きなメリットになります。

 

看護師として内科に配属されてキツイなど感じるのは、
専門的なスキルアップがあまり期待できない点です。

 

内科の場合は幅広い内容の仕事を担当するため
どちらかというと浅く広いスキルアップが期待できますが、

 

内科の診察部位はとても広いため専門的な知識と技術を習得するためには
かなり多くの経験を積み重ねなければいけません。

 

転職先の実際の仕事内容や働き方を
しっかりと確認した上で入職することをおすすめします。

 

就職活動がんばってくださいp(*^-^*)q

 

以上、内科の仕事内容と良い点ときつなぁと思う点についてでした。転職サイトの選び方も是非参考にしてください。
【看護師求人募集サイト】圧倒的に強い交渉力を持った看護師転職サイト

 

 

 

お暇なときにまた来て下さいね!