【こんな方法もある!】結婚・出産後も働きやすい看護師の職場

【こんな方法もある!】結婚・出産後も働きやすい看護師の職場

 

結婚・出産を機に外来や診療所に異動・転職する人も

 

 

仕事と家庭との両立を考えるなら、

 

是非とも病院内外の支援制度を活用したいものです。

 

ここでは特にチェックしておきたい二つのポイントを紹介します。

 

一つ目は、産前・産後の休暇です。

 

「産休・育休」だけでなく、

 

妊娠時の定期検査が有給で保障される

 

「通院休暇」という制度もあります。

 

またつわりに伴う早退や欠勤が有給で保障される

 

「妊娠障害休暇」も活用度高いでしょう。

 

二つ目は、育児支援です。

 

例えば「育児時間を1時間もらえる」

 

「就学前のこどもを持つ場合は深夜勤が免除してもらえる」

 

「こどもが病気になった場合は看護のための休暇がもらえる」

 

などがその代表例です。

 

現在勤務している病院でこれらの制度が充実していればいいのですが、

 

そうでない場合もあります。

 

そんな時は昼間のみの勤務で働ける外来へ移動するという方法もあります。

 

さらに、出産を機にいったん退職し、育児が落ち着いた頃に別の病院へ転職する人もいます。

 

ただ子育てをしながら夜勤のある病棟で、

 

しかも新しい病院での仕事となると不安も大きいでしょう。

 

そこで最初は、日時を選びながら働ける

 

派遣ナースという形式で働くのも一つの方法です。

 

診療所も日勤のみで、

 

働けることが多いので復職には心強いです。

 

さらに企業の医務室、訪問看護ステーション、デイケアや施設など、

 

病院以外に視野を広げることで、

 

無理なく仕事と家庭を両立できる方法を見つけられるでしょう