看護主任になってからプライベートの時間がなくなった。

看護主任になってからプライベートの時間がなくなった。

看護主任になってからは、立場上、

 

個人の時間を犠牲にしなければならない場面が増えました。

 

例えば師長不在時の病棟日誌の記載、患者様からの苦情への対処、インシデント発生時の報告など、雑務を片付けるために帰宅が遅くなることがよくあります。

 

以前は家族と一緒にとれていた夕食に間に合わず、1人きりで遅い時間にとるようになりました。

 

就寝時間も後ろにずれ、朝は逆に早めに出勤するようになったので、結果、睡眠時間は1時間以上短くなってしまいました。

 

ちょっと寝不足です。

 

仕方ないと思いますが、時々、もう少しリラックスできる時間が欲しいと感じます。

 

以前は、体調管理を兼ねてマッサージに行き、そこで日頃の愚痴などを聞いてもらっていたのですが、それも時間が取れずに行けなくなりました。

 

この状態をずっと続けていけるだろうか?と不安になることもあります。

 

最近は、家では空いた時間に仮眠をとったり、勤務に合わせて、買い物や家事の予定を入れるようにして、

 

家族の理解を得て無理しすぎない工夫をしていますが、同じ主任でも、他の方は、プライベートと仕事をもっとうまく切りかえているように見えるんですが・・・。

 

血液内科病棟 N・Sさん (36)

家庭と仕事との両立は、何も主任だけの問題ではありませんが、

 

主任はお悩み主のN・Sさんのように、
プライベートを犠牲にせざるを得ない。機会が多い立場と言えるかもしれません。

 

その中で疲れやストレスをためずに家庭と仕事のバランスをうまくとる工夫を、それぞれが考えていかなければならないでしょう。

 

N・Sさんの悩みには、生活の変化の中でどう対処したらいいのかわからないという不安が色濃く現れているように思います。

 

でも、N・Sさんの場合はうまくやれるようになるだろうと看護師長の中沢さんは見ているようです。

 

「N・Sさんは小さな工夫をして、とても良い対策を実行されていますね。

 

主任になりたてということでしょうから、業務内容や管理に慣れていないこともあって、

 

以前とは違う生活にまだ適応できない。自分がいると思ってください。

 

少しずつ、こうしてみよう、ああしてみようといった、あなた自身の工夫が必ずできてくると思います」。

 

もう1人の看護師長の青山さんは、ご自身の経験に照らして、すぐ実行できそうな気分転換術のヒントを教えてくれました。

 

「今まで利用していたマッサージに行けなくなったのは辛いと思います。

 

しかし、立場が変われば今までの生活時間が
変化するのは当たり前のことです。

 

気分転換、ストレス解消、リラックスの方法は沢山あります。短時間でリフレッシュできることをいくつか紹介しましょう。

 

通勤時間に好きな音楽を聴く、家事が終了してから夫と30分一緒に楽しくアルコールタイム、30分ウォーキング、などがあります。

 

家族を巻き込んでみんなで楽しく家事をするのも良いでしょう。

 

家事を自分だけで抱え込まないことです。

 

気分転換は、わずかな時間でできるものです。

 

たまには香りのすてきな好きな花を飾る、などもいいと思います。

 

忙しい時ほど、頑張っていろいろやってください。結構できるものですよ」。

 

生活時間の変化には、最初は誰でも戸惑うもの。

 

でもその変化に慣れて、やがて自分なりの生活スタイルが、案外、自然に見つけられるようになるかもしれません。

 

中沢さん、青山さんも働きながら子育てをされてきました。

 

お2人のコメントには、
そういう経験を踏まえた上の「大丈夫よ、なんとかなるから」という共感を込めた励ましが感じられませんか?

 

忙しくなったことにめげて、気持ちで負けてしまわず、忙しさを楽しむぐらいの気持ちでいた方がいいかもしれません。

看護師mamaイチオシの求人サイトはここ!

おすすめの看護師求人サイトはマイナビ看護師。なによりも強みはコンサルタントのレベルが高い!

 

他企業をなぎ倒すくらいの圧倒的な交渉力があります。

 

希望の条件にできるだけ近づけてくれるので安心して任せれます。

 

公式サイトへ

 

看護主任になってからプライベートの時間がなくなった。関連ページ

看護スタッフは私より年上・ベテランばかり。指導が難しい
言わなければいけないことはきちんというようにしようとしていますが、まだまだ難しさを感じています。
看護師長とスタッフに挟まれて悩んでいます
「もう、どうすればいいのよ」とストレスばかりたまって疲れます。
看護スタッフが主体的に行動するようにするにはどう指導したらいいの
私が指示する前に自分で気づいて行動できるようにスタッフの力を伸ばしていくには、どういう声のかけ方をしたらいいのかと悩んでいます。
上司の看護師長との関係に悩んでいます。この看護師長の下で働いても報われない
私が「スタッフとの連携もうまくいってよい看護ができた」と思ったときも、師長は関心がないようで評価してくれません。