看護師の面接で知りたいことを聞き出す方法

看護師の面接で知りたいことを聞き出す方法

面接では、担当者から質問が投げられ、答えるというのが基本スタイルです。

 

そして大抵の場合、病院に関する説明なども一通り終えてから、最後に、「何か質問はありませんか?」と、応募者側が質問できる時間が用意されています。

 

ここで気になることを確認しましょう。

 

ただ「質問をどうぞ」と言われたからといって、5個も6個も次々に質問するのはちょっと失礼です。

 

あまり質問が多くなりすぎないよう、「これだけは確認しておきたい」という2、3点に絞りましょう。

 

質問はその内容、質問の順番、聞き方に注意する必要があります。

 

せっかくそれまでいい雰囲気で回答していたのに、聞きたいことをズバズバ聞いたために、一気に空気が悪くなった・・・

 

なんてことにならないようにしましょう。

 

ここでは注意すべきポイントを次にまとめます。

 

 

まずは面接のお礼を

質問をする前に

 

「丁寧にご説明くださりありがとうございました。2点ほど気になっていることを伺いたいのですが・・・」と、

 

まずはお礼を述べてから質問にうつります。

人間関係のことを聞くには

職場の雰囲気、人間関係は働いてみなければわからない部分です。

 

でも知りたいですよね。

 

一つには看護部長が面接を担当することが多いので、その人柄をみるということです

 

もう一つは

 

「ぜひ長く勤めたいと思っていますが皆さん勤続年数が長い方が多いのでしょうか」

 

「長く勤めていらっしゃる方が多いということはきっと働きやすい雰囲気なんですね?」

 

などさりげなく質問をしてみるということです。

 

いきなり「離職率は?」

 

と聞くのは嫌がられますし、

 

印象がよくありませんので、

 

遠まわしに聞いてみると良いでしょう

 

質問例

・何年目くらいの方が多いのですか

 

・先日病院を見学させていただいて、若い人が多いんだなと思いましたが看護師さんの平均年齢はいくつくらいですか

 

・私はチームで仕事をすることがとても大切だと考えていますが、看護部、あるいは多職種での患者さんを中心としたチーム医療という点ではどのようにされていますか

 

・今の職場では仕事以外にも運動会や忘年会があったりと、職員同士がコミュニケーションをとる場があったのですが貴院はいかがでしょうか

 

 

育児との両立をサポートする制度は?

院内保育や短時間勤務など育児との両立をサポートしてくれる制度として、どういったものがあるのかを知りたいという人もいるでしょう。

 

ただし、
「○○の制度はありますか?」
「○○は可能ですか?」

 

と一つ一つ聞いていると、

 

身勝手な印象になりがちです。

 

この場合

 

「子育てをしながら働いている方はどのくらいいらっしゃいますか?」
「そうした方はどのように勤務されているのですか?」

 

などいま働いている人たちのことを聞くと良いでしょう。

 

実情もありますし印象も悪くはなりません。

質問例

 

・私は○歳の娘がいるのですが、同じように育児をされながら仕事をしていらっしゃる方はいますか?

 

 

給与のことを聞きたい。

お金の話は聞きたいけれど、聞き方次第でイメージが悪くなりかねないので、注意が必要です。

 

まず質問をと言われて、真っ先に訪ねるのは避けましょう。

 

業務内容や勤務スタイルのことなど、当たり障りのない質問をしてから、さりげなく確認をすることです。

 

また聞き方も、

 

「今日お話をうかがってますますこちらで働きたいという気持ちが高まりました。
ただ給与面をまだうかがっていなかったので、教えていただけますか」

 

など、働く意欲を伝える前振りを加えるなど、工夫が必要です。

 

転職サイトなどには、

 

「給与面を質問するのは、働く意欲が問われるので NG 」

 

といった文章もありますが、基本的には病院側から提示されるものですし、給与・待遇面をうやむやにしたまま入職を決めるわけにはいきません。

 

聞き方、聞くタイミングさえ注意すれば、決してマイナスな印象にはなりませんから、ちゃんと確認した上で転職を決めましょう。

 

質問例

 

・今日、○○様にお会いして、ますます貴院で働きたいという思いが強まりました。

 

ただ給与のことをうかがっていなかったのですが、私と同じような経験の看護師の場合、どのくらいの収入になりますか

 

・お話できる範囲で結構ですが、私と同じくらいの方の賃金はどのくらいでしょうか。

 

・(求人票を示し)条件はこれで間違いないでしょうか。
○万円から○万円とのことですが、私と同じくらいの年齢・経験年数ですとどのくらいでしょうか。

 

 

面接の最後に

さりげなくこれから働く職場の上司となる面接官を持ち上げて終われれば最高ですね。

 

質問例

 

・本日はありがとうございました。

 

実はとても緊張していたのですが、

 

○○さんが話しやすい雰囲気を作ってくださったので、お話をする中で緊張がほぐれました。

 

○○さんのような方が看護部長であれば、きっと働きやすい職場なのだろうなと思いました。

 

以上、看護師の面接で知りたいことを聞き出す方法についてでした。転職サイトの選び方も是非参考にしてください。
【看護師求人募集サイト】圧倒的に強い交渉力を持った看護師転職サイト