知っておきたい面接で聞かれることQ&A

知っておきたい面接で聞かれることQ&A

面接で聞かれることは大抵決まっています。

 

一般企業の場合、なかにはユニークな質問や企画力、アイディア力が問われるような質問をあえてしてくるところもありますが、

 

病院をはじめ、医療機関の場合、常識的な質問をされておけば大丈夫です。

 

定番の質問に対する答えを事前に自分の中で整理しておくと、落ち着いて面接に挑めます。

 

ちなみに面接では、嘘は別として、必ずしも本当のことをすべていう必要はありません。

 

誤解を招くようなことはあえて触れないという賢さも必要です。

 

それでは定番の質問内容とその質問に対する回答のポイントを見ていきましょう

 

Q1【なぜ当院で働きたいのですか?】

なぜ当院で働きたいのですか?

 

この質問で聞きたいのは、志望動機です。

 

履歴書に書いた志望動機を説明すればいいのですが、

 

その際、履歴書をそっくりそのまま読むのはNGです。

 

それでは、
「ただ読んでいるだけ?本音じゃないのかも」
と思われてしまいますので、

 

少々アレンジを加えましょう。

 

回答の仕方として、一つは、

 

「これまでの看護経験をいかせると考えたから」

 

というパターン。

 

もう一つは

 

「今後目指しているキャリアプランを考えたときに、魅力的な職場だから」

 

というパターンの大きく二つあります。

 

つまり自分のキャリアがいかせる場だからか、

 

また、いずれのパターンにおいても、どういうスキルをいかせるのか、

 

どういう点に魅力を感じたのか、具体的に説明する必要があります。

 

欲を言えば、両方の内容を交えて回答できれば、より印象が良くなります。

 

回答例@

「これまで、急性期の病院で内科病棟を○年間担当し、最後の1年は新人の教育担当も行っておりました。貴院は救急に非常に力を入れていらっしゃって、県内でも有数の急性期病院であり、これまでの経験を活かしながらも、看護師としてさらに高い技術を身につけることができるのではないかと考え、志望しました」

 

回答例A

「これまでは療養型の病院で経験を積んできましたが、祖母を在宅で看とった経験を機に、在宅医療や訪問看護にも興味を持って用になりました。貴院は、「地域医療を守る」を方針に、急性期から慢性期、在宅まで一貫した医療を提出していらっしゃいます。
そのため、幅広い経験を積むことができるのではないかと考え、志望しました」

 

 

Q2【退職に至った理由は?】

退職に至った理由は?

 

これも必ずと言って聞かれる質問です。

 

そして注意して答えなければいけない質問のひとつです。

 

病院が閉院したなど、よほど不可抗力のことでない限り、

 

マイナスの理由を挙げるのは好ましくありません。

 

例えば、

 

「院内でセクハラがあった」
「上司のパワハラがひどかった」
「どうしても我慢できない同僚がいた」
「師長のえこひいきがひどかった」

 

など、

 

人間関係の理由で退職を決めた人もいると思います。

 

でも面接の場では伏せておいた方が得策です

 

というのは、そうした状況は第三者には判断しがたいからです。

 

前の職場がいかに悪い環境だったか、

 

どんなに説明したところで、あなたの印象が悪くなるだけです。

 

また、「給与が低い」などの理由も避けたいところです。

 

とにかく前職の悪口になるような理由は、口にしない方がベターです。

 

面接では、今回の退職・転職が

 

どうしても必要であることを客観的にきちんと説明し、

 

「今後のキャリアプランを考えたときに、今の職場ではできないことが、この病院ではできる」

 

など、前向きな言葉で説明しましょう。

 

なお、転職回数が多い人は、特に気をつけて回答することです。

 

短期間で退職している人は、

 

「うちの病院に入っても、どうせすぐに辞めてしまうんじゃないかな」

 

と思われがちです。

 

これまでの退職・転職について、

 

相手を納得させることができるよう、それぞれ説明を考えておきましょう。

 

回答例@

「現在働いている病院は、一般病床○○床の病院で、急性期医療とはいえ、貴院のような超急性期の病院の後方病院のような役割です。

 

もともと急性期の看護を行いたいと思っておりましたので、急性期医療に必要な技術や知識を身につけてきましたが、

 

より第一線の急性期病院で経験を積みたいと思い、転職を考えました」

 

回答例A

「出産や夫の転勤でこれまで○回の転職を行いましたが、娘も小学生になり、

 

生活が落ち着いてきましたので、育児と両立しながら長く働ける病院を探したいと思っておりました。

 

今の病院では夜勤もありますし、自宅からも遠く、両立が難しかったため、

 

自宅からより近い場所で働ける職場として、貴院に応募いたしました」

 

Q3【なぜ看護師を目指したのですか?】

なぜ看護師を目指したのですか?

 

看護師としての初心原点をたずねる質問です。

 

ここで聞きたいのは、「あなたがどんな人なのか」ということです。

 

この質問を通して、あなたの人柄、性格をみています。

 

必要以上に背伸びをして、よく見せようとする必要はありません。

 

例えば、

 

「○○というドラマ、漫画に出てくる主人公に憧れたのがきっかけでした」

 

という理由でもOKだと思います。

 

ただそれだけで終わらずに、実際に看護の勉強を始めて、

 

あるいは看護師として働き始めて感じたこと、

 

考えたこと、やりがいを感じている部分などについて補うといいでしょう。

 

回答例@

「実は最初に看護師になりたいと思ったのは、中学生の頃に見たドラマで、

 

一生懸命に患者さんの看護をしている女優さんの姿を見て、

 

看護の仕事って格好いいなど単純に憧れのがきっかけでした。

 

実際に仕事を始めると、看護師には様々な使命があり、

 

その患者さんがちゃんと治療に向き合うためにいかにサポートするか、

 

最期の時間をいかに過ごしていただくかなど、毎回考えさせられ、学びがあります。

 

看護という仕事の深さを感じるたびに、この仕事を選んでよかったなと思っています」

 

Q4【看護師として大切にしていることは】

看護師として大切にしていることは

 

あなたの看護観を問う質問です。

 

看護観に答えはありません

 

まさに十人十色。

 

10人いれば10人の答えがあると思います。

 

ですから、これまでの経験で感じ、

 

考えたことを言葉にできるよう、整理しておきましょう。

 

その際具体的なエピソード、

 

患者さんの話も交えて説明できればより伝わると思います。

 

回答例

私は患者さんに常に安心感を与えていられるよう

 

どんなに忙しい時でもなるべく笑顔を絶やさないことを心がけています。

 

というのは、ある時、看護師さんたちがみんな忙しそうだからと

 

痛みを我慢していらっしゃる患者さんがいたのです。

 

以来忙しい中で一人一人の患者さんにさける時間は、

 

どうしても限られてしまいますが、

 

短い時間の中でも話しやすい雰囲気をつくるように心がけています。

 

Q5【これまでにインシデントの経験は?】

これまでにインシデントの経験は?

 

こうした質問で聞きたいのは、

 

「インシデントを経験したか否か」ということより、

 

実は、

 

「インシデントを予防するために、看護師としてちゃんと意識しているか」

 

「失敗を次に活かしているか」

 

ということです。

 

ですから、「インシデントを経験したことはありません」

 

という答えを期待しているわけではないということです。

 

医療事故、ヒヤリハットを防止するために、どのような工夫を行い、

 

どのようなことを意識して仕事をしているか、

 

具体的に話せるよう、準備しておきましょう。

 

回答例

あります。病棟での配薬で、

 

ある患者さんの分だけ配薬車から取り忘れ、

 

後から別の看護師に指摘されて気づいたということがありました。

 

薬を取り出すときに確認を怠ったことがミスにつながったと思います。

 

そのことは、原因も含め、インシデントレポートとして、

 

提出して共有しました。

 

Q6【いつから働けますか?】

いつから働けますか?

 

これは言葉通りの質問です。

 

既に退職している場合は、入職希望日を伝え、

 

まだ在籍中で退職日が決まっていない場合、

 

すぐにはやめられない場合は、

 

正直に事情を伝えることです。

 

ただし、「わからない」と言われても困るので、

 

就業規則の内容、退職の手続き、

 

引き継ぎを考えたうえで、いつくらいになりそうか、

 

目安を伝えるようにしましょう。

 

中途採用の場合、働きながら転職活動を行っている人は多いため、

 

引き継ぎなどを考慮して内容から1ヶ月ほどかかるの一般的です。

 

それ以上先になる場合は、

 

理由もあわせて伝えたほうがよいでしょう。

 

ただし、

 

「旅行にいきたいから」

 

「遊びたいから」

 

といった理由は微妙なところです。

 

「できれば少し休暇をいただいてから・・・」

 

など、やわらかく伝えたほうがいいかもしれません。

 

また、自治体病院や大学病院、あるいは新設の病院など、

 

採用時期が決まっている場合は、

 

そのタイミングで入職できなければ

 

難しいというところもあります。

 

入職日については事前に確認しておきましょう。

 

以上、知っておきたい面接で聞かれることQ&Aについてでした。転職サイトの選び方も是非参考にしてください。
【看護師求人募集サイト】圧倒的に強い交渉力を持った看護師転職サイト