看護師の損しない社会保険の手続きは?

看護師の損しない社会保険の手続きは?

〜必要な手続きは「いつ働き始めるか」で違う〜

 

スムーズな退職のポイントの最後は、社会保険などの手続きです。

 

組織に勤めている時には、給料が天引きされるため、あまり意識することのない社会保険料や税金。

 

そもそも毎月いくら引き落とされているのか、知らない人も多いのではないでしょうか。

 

退職後、間隔を開けずに働き始める人は、退職前に必要な書類を受け取って、新しい職場の総務や事務担当者などに渡せば、代わりに手続きを行ってもらえます。

 

でも転職先がまだ決まっていないあるいは、
「旅行にでも行ってリフレッシュしてから働こう」

 

「せっかくの機会だし、一旦、臨床から離れて大学で勉強しよう」

 

などと計画中の人は、保険、年金、税金の手続きを自分で行わなければなりません。

 

ここでは、「いつから働き始めるか」によって、三つのパターンに分けて説明していきます。

 

 

 

「退職後すぐに働く人」|看護師の転職

〜退職時に必要書類をもらえばOK〜

 

転職先が決まっていて、ブランクなしにすぐに働き始める場合、保険、年金の手続きは基本的に転職先に任せていれば大丈夫です。

 

自分で役所にいったり、書類を作成したりという必要はありません。

 

退職時に必要な書類をしっかり受け取り、新しい職場で、担当者(総務、人事、あるいは事務長。職場で確認を!)に手渡せば、必要な手続きを行ってくれます。

 

ただし一つだけ注意が必要なのは、住民税です。

 

住民税は、1月から12月までの1年間分の所得に課された税金を、翌年の6月から翌々年の5月にかけて支払う、後払いシステムになっています。

 

そのため、1月から5月に退職する場合、一昨年分の住民税を支払い終わっていない状態になるので、残りの未納分は最後の給与から天引きされることになります。

 

最後の給与がいつもよりも少なくなるのは、そのためです。

 

ちなみに前年分の住民税は新しい職場で天引きされていきます。

 

また6月から12月の間に退職する場合は、前年分の住民税を払い始めたところですよね。

 

翌年5月までに支払うべき住民税を
「退職時に一括で手にするか」
「自分で分割して納付するか(基本は年4回)」

 

選ぶことが可能です。

 

退職時に人事や総務の担当者から説明があるはずですので、話を聞きましょう。

 

「ちょっとリフレッシュしてから働きたい」|役立つ看護師の転職知識

〜のんびりする前に手続きをしましょう〜

 

全国的に看護師不足の現在、看護資格があれば、就職しようと思えばすぐにできるはずです。

 

だったら貯金もあることだし、半年ぐらいのんびり過しなら就職しようかな。

 

そんな人もいるでしょう。

 

確かに今は病院も介護施設も看護師は大歓迎ですから、

 

「働き場所が全然見つからない!」

 

というピンチはなさそうです。

 

でものんびり暮らす前に、やるべき手続きがいくつかあります。

 

それまでは職場任せだった雇用保険、健康保険、年金、所得税、住民税の手続きを自分でしなければなりません。

 

引っ越しの時に、住所変更の届け出を市区町村役場で行ったり、電気・水道・ガスなどの住所変更を行ったりと言った手続きと同じようなものです。

 

「こういう事務処理って面倒だからすぎじゃないんだよね」という人も多いと思いますが、病気になったり、けがをしたりと、
もしもの時に困るのは自分です。

 

それに「失業」期間を賢く使う事で得する仕組みもあります。

 

雇用保険と健康保険の続きについてです。

 

雇用保険と健康保険についても詳しく説明していきます

 

 

「いったん臨床から離れてスキルアップをしたい人」|役立つ看護師の転職知識

〜失業ではなく学生〜

 

退職したとすぐに次の仕事につくのではなく、大学や大学院に入学する、認定看護師の資格をとるための教育を受ける、留学するなど、いったん、臨床から離れてスキルアップをしたいという人もおられるでしょう。

 

ここではこうしたケースへの保険、税金の手続きについて紹介していきます。

 

パータンAの「ちょっとリフレッシュしてから働きたい」人と、退職後、仕事につかないという点では同じですが、

 

違うのは、学生という身分になるということ。

 

パターンAの場合には、「再就職先を探している状態」として失業給付を受け取ることができますが、学校に入るということは、「就職しようという積極的な意思があり、就職できる能力(環境)がある」という

 

失業給付の支給要件に当てはまりませんから、「失業の状態」とはみなされません。

 

そのため失業給付を受けることはできないのです。

 

このほか、健康保険、年金、所得税、住民税についてはそれぞれ自分で手続きを行う必要があります。

 

 

退職前に必要なこと

 

退職前に必要なこと

 

雇用保険 「雇用保険被保険者証」と、「離職票」を受け取る。
健康保険 健康保険は職場を通じて加入しているため退職すると自動的に資格を失う。退職日に健康保険証の返却が必要。

国保に入る場合は「健康保険資格喪失証明書」の作成も依頼

年金 年金手帳を受け取る
所得税 源泉徴収票を受け取る

 

転職先で必要なこと

 

雇用保険 転職活動を始めまで「雇用保険被保険者証」「離職票」は保管しておく
健康保険 「国民健康保険」「加入していた健康保険の任意継続」「家族の被扶養者として健康保険に加入」のいずれかを選択
年金 退職後2週間以内に市区町村の窓口へ
所得税 転職が年をまたぐ場合は、自分で確定申告を。退職した年の12月までに転職した場合は、転職先で源泉徴収票を提出すればOK

 

何のための手続き?

 

雇用保険 学校を卒業後、転職活動を始めてから失業給付を申請する事も。
健康保険 何らかの健康保険に加入するための続き
年金 国民年金の種別変更のための続き
所得税 所得税を支払うための続き

 

住民税について

 

退職前に住民税の納付を方法について確認しましょう

 

●1〜5月に辞めた場合、前々年の所得に課された未納分を、最後の給与から一括徴収(天引き)

 

●6〜12月に辞めた場合、「退職時に一括天引き」「個人で分割納付」のいずれかを選択可能

 

 

以上、看護師の損しない社会保険の手続きは?についてでした。転職サイトの選び方も是非参考にしてください。
【看護師求人募集サイト】圧倒的に強い交渉力を持った看護師転職サイト