看護師の転職先を見極めるコツ

看護師の転職先を見極めるコツ

運営母体をチェックしましょう

 

気になる職場の運営母体もできるだけチェックしておきたいところです。

 

運営母体が変わると、職場の雰囲気から、給料体系や、給料システム、運営方針などなど様々な環境が変わります。

 

病院を運営している母体は大学、自治体、赤十字社など、公的機関、医療法人、企業、個人など、いろいろです。

 

こんな例もあります。

 

もともとは公的な組織が運営していた病院では、民間の医療法人に経営移譲したところ、「組織の雰囲気変わった」とほとんどの職員がやめてしまったそうです。

 

もちろんその一方で新たに働き始める職員もいるわけですから、善し悪しは一概には語れません。

 

働いているメンバーは同じでも、運営母体が変われば、良くも悪くもそれだけ変わってしまうということです。

 

こればかりはどうしようもない部分ですが、こういうこともあるということはキューは知りませんでした。

 

運営母体ごとの特徴

大学の場合は教育機関という色合いが強く、医療法人は理事長の考え、その法人の理念が強く反映されるため、組織によって雰囲気は様々です。

 

企業立病院は、母体となる企業の経営手法を病院の運営にも取り入れたりするため、経営効率などの面でシビアな部分もあるでしょう。

 

また公的病院の場合、以前はゆったりとした組織風土のところが多かったものの、最近では財団法人化政策などにより、経営改善を強いられているところが増えています。

 

また民間の医療法人にしても、公的な法人にしても、広域に医療機関を持っている病院グループなのか、特定の地域に根ざした法人なのかなどによって、組織風土、あるいは移動や教育・研修システムなども異なります。

 

多くの医療機関を持つ法人の場合、施設横断的な研修に参加することもできます。

 

転職するときには、「運営母体はどんなところか?」というのもチェックポイントに加えてみてください。

 

看護師の転職先の働きやすさは「人」ありき

運営母体ごとに傾向はあるとはいえ、同じ運営母体であっても、やはり各職場によって違うものです。

 

さらに言えば、看護師長という直属の上司の人柄、看護部門を統括する看護部長の人柄によって、働きやすさ、職場の雰囲気は変わります。

 

今まで働いていた職場を思い返してみましょう。

 

看護師長が変わったら職場の雰囲気がガラリと変わった、という経験はありませんでした?

 

やはり最終的に決め手となるのは「人」ではないかとキューは感じています。

 

困ったときに相談しやすい、人望のある看護部長のもとでは働きやすく、職場の離職率も低いでしょうし、相性の良い看護師長の下で働いていたときには、同じ仕事内容だとしても、より楽しく働けると思っています。

 

「人」は、入ってみなければわからないと思うかもしれません。確かにそうした部分はありますが、探る方法はあります。

 

ホームページやパンフレットで看護部長、看護師長の顔写真やメッセージを確認する、説明会や面接でのプレゼン、会話で人柄や自分との相性を見極める、応募前に病院を見学し、実際に働いている様子を見るなど、

 

できる限り情報を集めて、
自分の目で確かめてみるのもいいと思います。

また、看護師の求人サイトのコンサルタントも、頭がいい人が多いのか、求人先の事はすべて熟知しており就職先の職場のことをかなり把握しています。

 

「人」が働きがい、楽しい職場のキーポイントだということを知ってるんでしょう。

 

下調べができない転職でうまくいくかどうか考え、自分自身の調査とコンサルタントをうまく使えば

 

希望の職場に出会えるとキューは信じています☆

 

以上、看護師の転職先を見極めるコツについてでした。転職サイトの選び方も是非参考にしてください。
【看護師求人募集サイト】圧倒的に強い交渉力を持った看護師転職サイト