【看護師派遣・単発バイト・夜勤専従の求人なら】高時給・掛け持ちOKの求人募集先

【看護師派遣登録・単発バイト・夜勤専従の求人なら】高時給・掛け持ちOKの求人募集先

24時間の保育施設完備など、設備の整った病院も増えてきており、ものすごく働くやすくなっています。

 

仕事と育児が両立できる求人情報は下記の3サイトに多く集まっています。

 

週2〜3回でいい。そんなあなたを応援してくれます。

看護のお仕事

 

 

業界では後発組みですが、「交渉力」でメキメキ実績を積んで、人気サイトになりつつあります。

 

残業がない、託児所付、寮完備しているところの求人が多くあり、特にママさんナースに支持されています。

 

24時間の保育施設完備など、設備の整った病院も増えてきています。

 

看護のお仕事は求人情報が多いだけでなく、コンサルタントが強いのが特徴です。

 

あなたを必要としている企業はあなたが思っているよりあります。その橋渡しをしてくれるのが看護のお仕事です。

 

 

MCナースネット

 

 

メディカルコンシェルジュのMCナースネットは口コミの中で「すごくいい」という声が多かったです

 

拠点数No.1、紹介実績No.1、コンサルタント数No.1の人材紹介会社です。

 

単発・パートの求人数が多く夜勤専従やツアーナースの特集ページがあります。

 

イベントナースや日雇いならこのサイト。常勤のダブルワークも可能です。

 

 

ベネッセMCM

 

 

ベネッセMCMはバイト・単発のお仕事も豊富で希少価値の高い、単発・短期のお仕事を多数保有しています。

 

またベネッセグループが運営する有料老人ホームでも単発のスタッフを積極的に採用しています。

 

・高待遇の求人が多い
・単発のお仕事が豊富
・希少価値の高い、お仕事を多数保有

 

看護師派遣とアルバイト・パートとの違い

看護師派遣とアルバイト・パートとの違いはカンタンに言うと間接雇用か直接雇用かの違いです。

 

派遣は派遣会社に雇用・バイトは直接雇用

看護師の派遣は、派遣会社に雇われる形になりますので福利厚生や待遇は派遣会社が決めたものになります。

 

一方、アルバイトの・パートの場合は、雇用される勤務先の福利厚生や給料が適応されます。

 

看護師の派遣で働くケースと、アルバイトで働くケースとでは、給料や条件も全く異なるということです。

 

派遣のほうが時給は高い

首都圏の場合ですが、派遣の時給を平均すると1200円〜2000円で、アルバイトに比べるとやや高めの傾向ですね。

 

その上、福利厚生が充実しているので、社会保険の加入も可能です。

 

有給もきちんともらえますよ。

 

派遣のほうが休みはとりやすい

アルバイトだと勤務先がなんとなく休みがとりづらい雰囲気の場合があります。

 

その点、派遣は気にせず休暇希望を出せます。

 

人間関係もそれほど気にしなくていいという利点もあります。

 

看護師派遣とアルバイト・パートとの違いを簡単にまとめて表にします。

 

単発バイトや単発派遣看護師として働くメリット・デメリット

単発・派遣看護師として働くメリット

・好きなときに休める(今日は午前中だけとか勤務時間指定もできる)

 

・時給が高い

 

・シフトの自由が利きやすい

 

・色々な経験ができる(クリニック、検診、訪問入浴、旅行の添乗員など)

 

・合わない職場でも次の転職先を探しやすい

 

派遣先で嫌な目に合っても、「もうそこには行きたくない」と言えば行かなくても良いし、派遣会社に「こういう目に合った」と相談すれば、派遣先に相談し物事を円満に解決してくださる

 

単発・派遣看護師として働くデメリット

・毎回違う所に行くことが多いので、始めの頃は仕事を覚えるのが大変。

 

・派遣先の指導者・スタッフにうざがられるしかし、固定の派遣先で働くのなら、そのリスクは低い。

 

・派遣先から「うちの社員になってよ」といいよられる恐れあり。丁寧に断れば良い。

 

派遣看護師の魅力

ブランクがあるから、いきなり医療現場は・・・と、躊躇されたりすると思いますが、派遣先にも色々あって、一からまた育ててくれる病院などに派遣をしてくれたりもするそうですよ。

 

また、派遣も単発を主にこなすパターンと、紹介予定派遣といって、病院側、派遣の双方が気に入ったらそのまま就職できるというものもあります。

 

自分の生活パターンにあわせて働けるのが派遣の魅力ですね。

 

 

夜勤専従夜勤バイトとして働くメリット・デメリット

夜勤専従にはパートとして働くのと、常勤として働く方法があります。

 

夜勤専従の常勤の求人は少ないですが、託児所を利用しながら働いている方はおられます。

 

ここで夜勤専従の良いところと悪いところを見ていきましょう。

 

夜勤専従のメリット

働く日が常勤と比べて少ない
だいたい勤務日数は6〜12日程度で連休が多いのが特徴ですね。

 

お子様がおられるナースには働きやすいかもしれません。

 

給料が高い
夜勤専従のパートの場合は大体3万円程度で給与は多いです。
夜勤専従の常勤は夜勤手当が1万5千円くらいで、月給が高いのが特徴です。

 

託児所が利用できて便利
夜勤専従のパートの場合は、院内の託児所を利用できない場合が多いようです。いまではそういった勤務先も多くあるかもしれませんね。

 

夜勤専従の常勤は利用できるケースが多いようです。

 

夜勤専従のデメリット

ある程度の経験が必要
夜勤専従はある程度の経験とスキルが必要です。経験が浅くてもできますが、自信を持ってあたふたしないことが大切です。病院によって求められるスキルはいろいろです。

 

なれないうちは体調を崩すかも・・・
夜間働くことに慣れない方には、きついかもしれません。ただ私は夜勤の方が好きです。夜勤の大変さと、日勤の大変さとでは、夜勤の大変さの方がまだマシだと思う派です。

 

看護師mamaの雑談


私も夜勤専従で働いていたことがありました。

 

そのとき妊娠をして、32週から産休をとりました。

 

勤務時はウテメリンをポケットに入れて仕事をしてました。

 

懐かしいです。^^

掛け持ちする看護師さんが増えている

最近ではダブルワークをされる看護師さんが増えています.

 

たとえばA病院で正職員で働いてB病院で週2回夜勤専門のパートで働き掛け持ちをするという方もたくさんおられます。

 

看護師だけではなくお医者さんもかけもちしてる人も多いですね。

 

公立病院では他の病院とのかけもちを禁止している病院が多いですが、
民間病院では規制していない病院も多くあります。

 

やはり、勤務に支障をきたさなければ何をしても自由という理由です。

 

参考までに、私の友人は私立大学病院の医師で、医局派遣で公立病院に勤務していた時期がありますが、

 

その病院の正式な職員というわけではなく派遣医でしたので、他の病院での勤務は禁止されていなかったと言っていました
(公務員ではなく、準公務員という扱いであったと言っていました)。

 

看護師さんも同じで、常勤看護師でなければ自由なのかもしれません。

 

もし、パート看護師であってもかけもちを禁止されていて、それが病院にばれてしまったとしても、もう一方の病院を退職するように言われるくらいだと思います。

 

それぞれの病院の勤務に影響しない範囲内で働きましょう☆

単発派遣の仕事は理想のライフスタイルが実現できる

単発派遣は、病院や企業に直接雇用するという形ではなく、派遣会社に登録して、その派遣会社からお仕事もらうという形になります。

 

受け入れる病院側も保険加入の負担がなく、人員の調整がしやすいことから利用する企業も増えています。

 

ここでは看護師の派遣として働きたい方の為に失敗しないポイントを挙げます。

 

紅茶でも飲みながら読んでください^^

 

人材派遣会社を利用してみよう

 

一般企業ではすっかり定着している派遣という働き方。ここ数年医療業界で広がっています。

 

派遣の看護師はライフスタイルやスキルにあわせた働き方ができます。

 

人材派遣とは職場となる企業や病院が職員を直接雇用するのではなく、専門の派遣会社が自社の登録スタッフを病院や企業へと文字どおり派遣することです。

 

労働力の受け入れ側となる病院や企業からすると、保険加入の負担がないうえに、業務量の変化にあわせて人員の調節が行いやすいというメリットがあります。

 

そのため事務職や製造職などで普及が進んできました。

 

医療業界でも看護師などの派遣が解禁されました。派遣制度は働き手にはどのようなメリットがあるのでしょう。

 

看護師の派遣制度のメリットについて

 

派遣制度は働き手にはどのようなメリットがあるのでしょうか。

 

まず最初に挙げられるのが、就業時間や時期などの希望をかなえやすいこと。

 

派遣制度を使って働く人には基本的残業が発生しません。

 

また受け入れ側の「特定時期だけ人を増やしたい」というニーズに基づいているため、働き手の「この時期だけ集中して働きたい」という希望とのマッチングが図りやすいのです。

 

派遣スタッフが行う業務は、採血や健康診断など、基礎スキルを持っていれば行うこともできる業務も多いです。

 

これはしばらくの間、医療の仕事から離れていた人にとっては本格的な仕事復帰に向けた格好の準備となります。

 

育児にひと区切りついた人が「まずは派遣で仕事勘を取り戻して・・・」という思いから派遣を選ぶ理由もここにあります。

 

メリットの二つ目は、専門性を活かしながら働けること。

 

病院などの組織で勤務すると、キャリアを積むとともにマネジメント業務の比率も高まってきます。

 

また、本人の意に沿わない移動があるかもしれません。この点派遣では、希望の仕事に絞り込むことができます。

 

特定の業務の専門性を高め、スペシャリストを目指すことができるのです

 

派遣看護師は病院以外にも活躍の場があります

派遣ナースとして働く場所は何も病院に限られてはいません。

 

特にニーズが高まっているのが、製薬会社での治験に携わる業務です。

 

新薬の開発における臨床試験である治験には、医療や薬学の知識を持ったスタッフの力は欠かせません。

 

かといって、常に治験を行っているわけでもありません。

 

そこで治験を実施する時期に合わせて、派遣ナースの力を借りようという製薬会社が多いのです。

 

このほかに医療機器メーカーで新製品の開発を行う際や、医療従事者へ取り扱いの説明を行う際にも、臨床経験のあるナースの力は大きな期待を集めています

 

また学校や企業で健康診断を行う際にも、派遣看護師が活躍しています

 

転職先の見極めに有効な紹介予定派遣制度について

 

派遣スタッフとして一つの職場で働く期間は、短いもので1日からでも可能です。

 

1年間など一定期間の派遣契約を更新しながら、長期にわたって同じ職場で働く人もいます。

 

そんな中利用する人が増えているのが「紹介予定派遣制度」です

 

紹介予定派遣制度とは、派遣で正職員として採用されることを前提とした派遣制度です。

 

この制度を使えば、派遣契約により働く一定の期間内で、働き手と受け入れ側がお互いの理解を深められ、

 

両者合意の上で、正職員として直接の雇用契約を結ぶことができるのです。

 

「転職してみたら思っていたような職場じゃなかった」といったミスマッチを防ぐことのできる制度なのです。

 

もちろん、正職員としての雇用に至らない場合は、派遣スタッフとして契約期間を終了し、別の職場で紹介予定派遣制度を使って働く事も可能です。

 

認可を受けている人材派遣への登録が第一歩

派遣制度を使って働くには、認可を受けている人材派遣会社への登録が第一歩となります。

 

登録後は、希望する仕事や働き方、スキルなどを派遣会社に伝えます。

 

これらの情報をもとに、
派遣会社が登録スタッフにあった仕事を選び出し、紹介してくれます。

 

この段階では、メールや電話で仕事情報を伝えてくれる会社が多いです。

 

また派遣会社の登録者向けWEBサイトでは、求人情報が公開されていることも多く、そこから自分の希望に合う仕事を選び出すことも可能です。

 

紹介された仕事が希望とマッチしていれば、いよいよ就業開始。

 

派遣会社と雇用契約を結び、指定された日時に派遣先出勤します。

 

紹介された仕事が希望に沿わない場合、別の仕事をリクエストすることも可能です。

 

慌てずに納得のいく派遣先探しをするように心がけましょう。

 

気をつけておきたい税金のこと

ダブルワークをする際
気をつけたいのが税金面です。

 

住民税は前年の収入に応じて6月以降の給与から天引きされますが、

 

お給料に対して住民税が高い場合給与担当者にバレてしまう可能性があります

 

その際は確定申告をする手間はありますが住民税を給与から天引きされる「特別徴収」からご自身で納付する「普通徴収」へ切り替えることで問題は解消されます。

 

普通徴収にすれば職場へ通知が来ることはありません。

 

要は、勤務先とアルバイト先の住民税を別々に支払うようにできれば、勤務先には副業が分からないことになります。

 

ですから、アルバイト先の収入についての住民税のみを「普通徴収」にしてもらえればよいということになります。
*こういう、「特別徴収」と「普通徴収」の両方をすることを「併徴」と言います

 

市役所のほうに、住民税を別に支払い可能かどうかを聞いてみてくださいね。

 

心配な方は看護師求人サイトのコンサルタントに聞いてみるのも良いです

看護師の派遣会社に2〜3か所登録してもOK

人材派遣会社への登録は複数登録してもOKです。

 

会社によっては登録者だけが受けられるスキルアップ講座なども開設しています。

 

求人情報の数や分野、担当してくれるアドバイザーに対応とあわせ自分とって使い心地の良いサイトを選びましょう。

 

サイトの中には派遣制度の上手な活用方法や不安に対するQ&Aなど、役立つ情報もたくさんあります。

 

転職活動をスムーズに進めることができる環境が整っています。

【看護師派遣・単発バイト・夜勤専従の求人なら】高時給・掛け持ちOKの求人募集先記事一覧

遠くの事業所で夜勤バイトをしているナース1回の勤務で数万円受け取れることも少なくない夜勤バイト。看護師のスキルを活かしな...

今まで子どもたちが小さかったこともあり日勤専門でした。家も職場まで近いので交通費なし、夜勤、残業手当なしでかなーりワーキ...

はじめまして。現在、1歳4ヶ月の娘がおり、パートとして働き始めて6ヶ月経ったところの者です。今の勤務時間は8:45から1...

9か月の娘の新米ママです。春から職場復帰するのですが(看護師です)先日、上司から復帰後慣れたら(1歳半くらいで)夜勤もや...

こんばんは。8ヶ月になる子供のいる看護師です。4月から子供を保育園に入れて仕事復帰予定です。病院勤務で復帰後も、3交代は...

現在2歳になった男の双子の母です。私は今年の秋ぐらいから社会復帰する予定です。タイトル通り夜勤ありです。夜勤・・・そうで...

看護師として働いています。1歳2ヶ月の娘がいますが、現在育児休暇中、来年1月から再就職予定です。育休終了に合わせて現在の...

3歳の子供がいます。今は2交代の病院で、夜勤もしていますが、転職先を探しています。最近、転職のために面接した際、「うちの...

もうすぐ7ヶ月になるナース初妊婦です。現在、外科&内科混合病棟で三交代をしており、月にだいたい深夜4回、準夜4回やってい...

結婚後パートで週4日日勤のみで、近所の病院で働いています。去年2月に出産し、産休育休をもらい、先月のシフトから同じ条件で...

質問看護師の免許を持っています。パートでの仕事を考えていたのですが、事情があり毎月ではないのですが、時々続けて2週間ほど...

質問現在26歳、2歳(来年幼稚園)の息子がいます。来年27歳、5月に二人目が生まれる予定です。自分のことしか考えてないと...

質問2歳と3カ月の子のママです。看護師をしています。今現在育児休暇中で、来年4月に下の子の保育園が決まれば復帰予定です。...

質問小一と4歳の二児の子がいます。先月、病棟勤務をしていた病院を退職しました。理由は、残業が増え、上の子の学校へのお迎え...

質問引越しを機に只今休職中です。ハローワークに通っていますが、短時間パートで探しているためなかなか条件が合いません。引越...